トップページ > 講習会・セミナー情報 > 第3回 住宅・建築物の省CO2シンポジウム

第3回 住宅・建築物の省CO2シンポジウム 開催

家庭部門・業務部門のCO2排出量が増加傾向にある中、住宅・建築物における省CO2対策を強力に推進し、住宅・建築物の市場価値を高めるとともに、居住・生産環境の向上を図るため、国土交通省において、省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを公募によって募り、整備費の一部を支援する「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」が実施されています。

このシンポジウムでは、「住宅・建築物省CO2推進モデル事業(平成21年度第1回)」にて採択されたプロジェクトを中心に、住宅・建築物分野の省CO2対策の最新動向を紹介いたします。

建築・設備設計業務に携わる方々、建築主や行政関係者など、住宅・建築分野の省CO2対策に興味をお持ちの方は、お誘い合わせの上この機会にぜひご参加下さい。

申込受付は、満席につき終了いたしました。
  • 次回シンポジウムは、11月中旬頃開催の予定です。
  • 今回の内容は、シンポジウム終了後、(独)建築研究所のHP  で公開いたします。

開催概要

日 時 平成21年6月17日(水) 10:00〜15:55
場 所 すまい・るホール(住宅金融支援機構本店1F)  
[ 東京都文京区後楽1-4-10 ]
主 催 独立行政法人 建築研究所
一般社団法人 日本サステナブル・ビルディング・コンソーシアム
後 援 国土交通省
参加費 無料(定員280名)

プログラム

  1. 省CO2対策に関する内外の最新動向と住宅・建築物省CO2推進モデル事業について
    省CO2推進モデル事業評価委員長・(独)建築研究所理事長 村上 周三 氏
  2. 住宅・建築物省CO2推進モデル事業と省エネ・省CO2に関する行政の取り組み
    国土交通省住宅局住宅生産課長 坂本 努 氏
  3. 平成21年度第1回省CO2推進モデル事業採択事例紹介(戸建特定部門除く)
    省CO2推進モデル事業申請者
  4. 平成21年度第1回省CO2推進モデル事業の概評と今後の動向
    1. エネルギーシステム分野における立場から
      省CO2推進モデル事業評価委員・東京工業大学大学院教授 柏木 孝夫 氏
    2. 省エネ建築・設備分野における立場から
      省CO2推進モデル事業評価委員・東京大学大学院教授 坂本 雄三 氏
    3. 生産・住宅計画分野における立場から
      省CO2推進モデル事業評価委員・東京大学大学院准教授 清家 剛 氏

(プログラムは変更することがあります。)

このページの先頭へ