一般社団法人日本サステナブル建築協会(JSBC)のウェブサイトです。

LCCM住宅(ライフサイクスカーボンマイナス住宅)に関する研究

低炭素社会が盛んに議論される昨今、CO2削減はもっとも重要な政策課題となっています。一方で民生部門、つまり建築関連で使用されるエネルギー消費量は増加が続いており、そのための取り組みが急務となっています。
住宅分野では、運用時の省CO2だけでなく長寿命化の取り組みも盛んになっており、長寿命で、且つ一層のCO2削減を目標とした住宅として、ライフサイクルカーボンマイナス住宅(LCCM住宅)が注目されています。これは、住宅の長い寿命の中で、建設時、運用時、廃棄時において、できるだけの省CO2に取り組み、かつさらに太陽光発電などを利用した再生可能エネルギーの創出により、住宅建設時のCO2排出量も含め生涯でのCO2の収支をマイナスにする住宅であり、今後の住宅政策の柱の一つとなるものと期待されています。
本プロジェクトは、平成21年度より国土交通省の補助事業として,一般社団法人日本サステナブル建築協会内に「ライフサイクルカーボンマイナス住宅研究開発委員会(村上周三委員長)」を設置し、研究開発が進められています。平成22年度には建築研究所内にデモンストレーション住宅を建設し、具体的な検討、検証を行うとともに、デモンストレーション住宅の見学会の開催等を通じて、LCCM住宅の普及促進に努めています。

 

LCCM住宅認定

LCCM住宅認定制度については、一般財団法人建築環境・省エネルギー機構で実施しています。詳しくは下記リンクをご覧下さい。
→LCCM住宅認定   

サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)LCCM住宅部門新設

平成30年度からサステナブル建築物等先導事業(省CO2型)にLCCM住宅部門が新設されました。
申請の際に必須となる、LCCO2評価にご利用いただける適合判定ツールを掲載致しました。

■最新の改訂情報 2019.4.15
LCCM住宅部門の基本要件(LCCO2)適合判定ツール及び入力マニュアルの内容を改訂し2019年版Ver1.0としました。

  • 1)適合判定ツール及びマニュアルについて、居住時のエネルギー・水に係るCO2排出量の算出に使用する
     「Webプログラム」の計算結果の2019年4月更新に伴い、コージェネレーション部分の計算方法を変更し、
     合わせて参照項目の名称表記を変更しました。
  • 2)適合判定ツールについて、節水型設備の取り組みなしの場合の評価に誤りがありましたので正しい評価に
     訂正しました。

■評価におけるご注意 2019.4.15
逆潮流を伴うコージェネレーションの評価を含める場合には、適合判定ツール2019年版Ver1.0をご使用ください。CASBEE戸建(新築)2018年版では対応しておりません。

■ツール・マニュアルのダウンロード
 →LCCM住宅部門の基本要件(LCCO2)適合判定ツール<LCCM住宅部門応募様式>   

 →LCCM住宅部門の基本要件(LCCO2)適合判定ツール入力マニュアル   

 サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)についてはこちらへ